ETC 調光卓 EOS ファミリー

HOME | Contorol | ETC Augment3d

Augment3d|  オグメンテッド


 

新しい視点からのプログラム

Eos v3.0は、ETCの初の統合3Dプログラミング環境であるAugment3dを含む、多くの進歩したソフトウェアを提供します。 この新しい画期的なツールにより、Eosユーザーは3次元空間でのデザインおよびコントロールが可能になります。 Eosリモートアプリに完全に統合された拡張現実技術により、Eos v3.0はAugment3dのパワーを発揮します。

 

 
 
 

aug•ment•ed | \ ôg-ʹmentəd \ 

1. Eosの3Dプログラミング環境

2. 新しい視点からのプログラム

3. Augmentedと Eosフォーカスリモートアプリのリアリティー インテグレーション

 

 

Augment3dとは何ですか?

Augment3dは、Eos v3.0ソフトウェアの一部となる3Dプログラミング環境です。 Eosユーザーが新しい視点からプログラミングできるように、プリビジュアライゼーション、ライブインタラクション、Augment リアリティの力を組み合わせています。 

いつ入手できますか?

Augment3dがベータ版でリリースされました!フォーラムにアクセスして、ご登録後、ダウンロードしてください。

どこにインストールすればいいですか?

Augment3dは、Windows 7以降に対応していて、背面にDisplayPortがあるEosファミリコンソールにインストールできます。または、Augment3dを別のMacまたはPCにインストールして、コンソールネットワークに接続することもできます。

価格はどれくらいしますか?

Augment3dは、無料のEos v3.0ソフトウェアの一部として提供します。全ての新たに出荷するコンソールで利用可能になります。

インポートできる既存の3Dモデルは何ですか?

Augment3dは、.3DS、.DXF、.OBJ、.FBXなど、ほとんどの主要な3Dファイルをサポートしています。

従来の器具はサポートされていますか?

はい、ただしオートメーション化された器具よりも程度は低いです。もちろん、さらなる機能強化が計画されています!

Augment3dにオブジェクトをインポートしたら、何ができますか?

Augment3dは、3D位置、ローテション、スケールの標準オプションをサポートしています。オブジェクトの配置およびサイズ変更をして、好きなように使用できます。

器具はAugment3dにどのように追加されますか?

Eosパッチエンジン内のすべてのフィクスチャには、X、Y、Zの位置とローテーションのフィールドがあります。これらのプロパティのいずれかを設定すると、フィクスチャがAugment3dに自動的に追加されます。


 
Augment3dでサポートされているオートメーション フィクスチャは何ですか?


オートメーション フィクスチャはすべて機能しますが、キャリブレーションされたプロファイルを持つ、最も一般的な60のフィクスチャから始めています。キャリブレーションされたプロファイルを持たないフィクスチャは、一般的なAugment3dプロファイルを引き続き使用できます。今後もフィクスチャプロファイルを追加していきます。キャリブレーションされたフィクスチャは、LinkIcon Augment3d@etcconnect.comでリクエストできます。

フィクスチャ位置推定(FPE)はどのように機能しますか?


FPEを使用すると、器具の位置を自動的に計算し、Augment3dで表すことができます。これを行うには、すべての器具をスペース内の4つの基準点に焦点を合わせます。これらのポイントは任意ですが、さらに離れたポイントを選択すると、精度が向上します。これらのポイントで、器具の4つのフォーカスパレットを記録します。 Augment3dモデル内に、これらの参照ポイントを配置します。これで計算エンジンを実行でき、Augment3dがフィクスチャーの場所を自動的に決定します。

Augment3dでフィクスチャを有効にするにはどうすればよいですか?


Augment3dはEosにネイティブに統合されます。Eosのフィクスチャーをオンにするだけで、Augment3dはそれらを視覚化します。 Augment3dでは、ほとんどのIntensity、Focus、Color、およびBeamパラメーターを視覚化できます。

Augment3dはブラインドプレビューをサポートしていますか?


はい! Augment3dは、接続されているコンソールのステータスに従います。コンソールがライブの場合、Augment3dはライブデータを表します。コンソールがブラインドに切り替わると、Augment3dはそれに続き、ブラインドデータを表示します。これにより、Augment3dスペースでブラインドデータを確認できます。

フォーカスワンドとは何ですか?


Focus Wandは、モバイルデバイス上の拡張現実を使用してフィクスチャと対話するAugment3dの機能です。フォーカスワンドはiRFR / aRFRアプリの新しいコンポーネントであり、既存のiRFR / aRFRユーザーの無料アップグレードになります。

Focus Wandで何ができますか?


フォーカスワンドを使用すると、デバイスのカメラから器具を確認して選択できます。一度選択すると、インティンシティーコントロール(1本の指で上から下、または下から上へのスワイプ)およびズーム(2本の指でピンチまたはプル)のジェスチャーがあります。また、フォーカスワンドをレーザーポインターのように使用して、1つまたは複数のオートメーション フィクスチャに焦点を合わせることができます。

Augment3dのフォーカスワンド機能を使用するには、どのタイプのデバイスが必要ですか?


拡張現実機能を利用するために、いくつかの最小ハードウェア要件があります。

iOSデバイス:11.3以降


iPhone SE以降、iPad Pro、iPad第5世代以降

Androidデバイス:


https://developers.google.com/ar/discover/supported-devices

Augment3dの機能についてのアイデアがあります!どこに送ればいいですか?


良いアイデアが大好きです! LinkIcon Augment3d@etcconnect.comまでメールでお気軽にお問い合わせください。

Augment3dのワークフロー
毎週、YouTubeで動画をUPしています!

ETCホームページリンクへお進み下さい。LinkIconhttps://www.etcconnect.com/Products/Consoles/Eos-Family/Augment3d/Perspectives.aspx

YouTubeにて 字幕→ 自動翻訳→日本語を設定すると、日本語字幕解説 付きでご覧頂けます。