ETC 調光卓 EOS ファミリー

HOME | Contorol | ETC Gio@5

 Gio @5|   ジオ@ファイブ

THE LITTLE CONSOLE THAT HAS IT ALL

Gio @ 5™コンソールは、プロが必要とするプログラミング・パッケージをまとめ上げ、狭いスペースや低予算での運用にお応えします。
 

  •     バックライト・キーによる完全なプログラミング・レイアウト
  •     ハプティック・フィードバック・エンコーダ 
  •     モータライズ・フェーダー 
  •     内蔵マルチタッチ・ディスプレイ
  •     キーボード・トレイ

 

  


  

Eos ファミリー シリーズに関する重要なお知らせ

Eosコンソール ソフトウェアV2.6 に関する、大きな変更点について説明致します。
 
EosコンソールソフトウェアV2.6 は、8月1日よりダウンロード可能になりました。
ダウンロードをご希望の方は次のリンクをクリックして下さい。V2.6 ソフトウェアダウンロード

 各モデルのラインアップとしてBasicとMaxの2ラインアップに絞り込むことにより、低コストでより多くのユニバースを提供する事を可能にしました。
 

<EOSファミリー シリーズ>

EOS TI          

Basic:4K            Max:24K (Max出力数の増数可、要相談)

GIO                

Basic:2K→ 4K   Max:24K (Max出力数の増数可、要相談)

GIO@5            

Basic:2K→ 4K   Max:24K (Max出力数の増数可、要相談)

ION              

Basic:1K             Max: 6K

Nomad        

Basic:256→ 512    Max: 6K

Nomad Puck   

Basic:256→ 512    Max: 6K

ドングルキットNomad+プログラミングウィング   

Basic:256 → 512   Max:6K

現在お使いのモデルがチャンネル アップグレード モデルのお客様は、ソフトウェアのインストールで自動的にMax出力数へアップグレードされます。
※ 例 : Eos Ti 8K → Eos Ti 24K 、Ion 2K → Ion 6K(アップグレードできる出力数は機種により異なるためお問い合わせください。)

オプションWiFiリモート アプリ、”iRFR”及び”aRFR”のグラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)変更

 

*ピクセル マッピング

映像データを照明データに置き換える「ピクセルマッピング」機能を利用可能

FCBキュー タイム

Focus,Color,Beam」パレットのタイムを別々に設定可能

ディスクリート タイム

「パラメーター」毎にタイム設定が可能

フィルター

「パラメーター」毎にフィルターを掛ける事が出来る機能

プリセット

任意のパレットを「プリセット」に記憶が出来る機能

ホーム プリセット

「プリセット」にホーム値を設定可能

ハング タイム

キュー間のウェイトタイムである「ハングタイム」を設定可能

 

 仕様

  • • 4,096~24,576出力 / パラメータ • 16,000 コントロール ・ チャンネル • 10,000 キュー
    • 999 キュー ・ リスト
  • • 200 アクティブ ・ プレイバック
    • 999 サブマスター
    • 200 フェーダー ・ ページ
    • 4 x 1000 パレット ( インテンシティ、フォーカス、カラー、ビーム ) • 1,000 プリセット ( パレット )
  • • 1,000 グループ
    • 1,000 エフェクト ( リレイティブ、アブソリュート又はステップ )
    • 99,999 マクロ
    • 1,000 スナップ ・ ショット
    • 1,000 カーブ
    • 1,000 カラー ・ パス
    • 外部モニターを最大 2 台接続可能 ( 最小解像度 1280 x 1024 以上、 DisplayPort 接続 )。タッチスクリーン / マルチタッチ ・ コントロール を接続可能
    • SSD ドライブ
    • USB ポートは、フラッシュ ・ ドライブ / マウス / キーボード対応 
     

機種モデル名 

Gio@5 - 04K

Gio@5卓   4096アウトプット(ケース別)

Gio@5 - 24K

Gio@5卓  24576アウトプット(ケース別)

Gio@5-UP20K

Gio@5    4K →24Kアップグレード(DMXノードが必要)

 付属品:ダストカバー、マウスパッド、リトライトx1、キーボード、Displayport-DVIアダプタx2、ロック付きIEC電源コード
*24Kアウトプットを上回るアウトプット数をご要望の際はご相談下さい。

 

Ion RPU - 02K

Ionリモート プロセッサユニット、2048アウトプット

EosRPU - 04K

Eosリモート プロセッサユニット、4096アウトプット

EosRPU - 24K

Eosリモート プロセッサユニット、24576アウトプット

サイズ /重量 

高さ 364 mm(ディスプレイ収納時は140mm)  幅 641 mm   奥行 667 mm  重量 23.59 kg

アクセサリ

EOSモータライズ・フェーダー・ウィング

Eos Ti、Gio、Gio@5、Ion、Eos/Ion RPU、RVI、ETCnomad(PC又はMac)、ETCnomad Puckのプレイバックを拡張して使用する事が可能です。

これら装置の何れかに、最大で3つのウィングを取り付ける事が可能で、ウィングは、x10とx20の2種が有ります。 

LinkIcon データーシート

Eosフェーダー・ウィング

Eos Ti、Gio、Gio@5、Ion、Ion Xe、Eos/Ion/Ion Xe RPU、RVI、ETCnomad(PC又はMac)、ETCnomad Puckのプレイバックを拡張して使用する事が可能です。

20フェーダー、40フェーダーウィングの2種類 

 LinkIcon データーシート

EOSリモート・ビデオ・インターフェース3ユニット(RVI3)

デザイナー、アシスタント・デザイナー、舞台監督にワーク・ステーションを供給。ユーザ設定が可能な前面パネル・コントロール、及びUSB インターフェースは現場制御が可能。

LinkIcon データーシート

iRFR

iphon/ipodを使用して、リモートコントロールを行うことができます。※使用時には、アクセスポイントが必要になります。

Net3リモート・ビデオ・インターフェース(RVI)

ネットワーク上のサード・パーティ・コンピューターのアクセスを可能にするドングルと共に、オフ・ライン・イメージのソフトウェアCDを付属。インストール後、このステーションはリモート・ディスプレイかプログラミング装置として運用可能。

タッチスクリーン

リトライト

キーボード/マウスセット

USBメモリー

フライトケース